京都の和食・懐石料理「祇園くらした」のブログ

レシピ

朝掘り筍

d0200663_15323398

 

京都産の朝掘り筍。

当店では、米糠は使わずに鰹出汁、酒、昆布、薄口醤油、味醂で茹でます!
生の筍を皮を剥き、40分くらい茹でて、そのまま自然に冷まします!

寒ぶりの幽庵焼き

お魚はぶりでなくても何でもいいです。

お水 3 : 酒 1 : 薄口醤油 1 : 味醂 1
ゆずを輪切りにして入れます。
お魚は切り身にして軽く塩をし、 15分くらい置きキッチンペーパーで余分な水分を拭き取り、合わせた調味料に2時間くらい漬け込んで、あとは焼くだけです!

合わせた調味料は2〜3回使えるので容器に入れて保存してください。

おせち用の花蓮根

20101225185013

おせち用の花蓮根の甘酢です。

家庭で花に細工包丁するのが難しい場合、皮を剥くだけでいいでしょう!
皮を剥いた蓮根を酢を少し入れた水に入れて火にかけます。
竹串などで火が通ったのを確認してザルにおかあげして水分を飛ばします。
甘酢は水1合 酢1合 砂糖100g タカノツメ
甘酢に蓮根を入れて軽く煮立ったら火を止めて自然に冷まします。

カンタン漬け物

 

20101215200209

自宅で出来るカンタン漬け物です!
大根の皮や、かぶらの葉や皮、その他野菜ならほとんど大丈夫です。

1日くらい影干し(洗濯バサミに挟んで)して秘伝の合わせ調味料に漬け込んでおくだけです!
秘伝の合わせ調味料は 酒1:薄口醤油1:味醂0.5:酢0.5
ピリ辛にしたい時はタカノ爪をどうぞ、切り胡麻を入れても美味しいです!

ぜひお試しください。

カンタン美味!

納豆に、卵黄一個、玉ねぎのみじん切り(水にさらさない) 大葉の刻んだものを入れてわさび醤油で手早く混ぜ合わせて あったかいご飯にのせて食べると絶品ですよ!

混ぜ合わせて時間が経つと玉ねぎの水分が出てくるので食べる直前に!